FC2ブログ

聖霊のキス♫〜まにこの 心を変えたら ハートになる♡〜

心を変えるだけで、いい。心がやわらぐ方を選ぼう。そんなお話と絵を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(セルフ)イメージ」

みんながよく言うことを、わたしも言おうと思います。


考えと外の世界は、映写機とスクリーンに例えられますね。


「思考が 現象になる」。



一個、


こういうことだったんだ。


実感してることがあるので書いときます。






考えは、実は「映写機」です。


これは止まりません。


神様がそうしたからそうなのです(笑)


死んだり、瞑想してもゆっくりにはなりますが、止まりません。



なぜかというとそういうものだからです(笑)


ちなみに神様だって考えています。


ただし、神様は「愛してるよ」しか考えません。


まあ、ここはそういうもの、、ってことで。


そして、


考えという機械は、


でかい一つの


「セルフ」という、でっかいダイヤモンドのキラキラを吸い取って、


それを現象に吐き出しています。


これも、ただそういうものなのです。


この動きは止まりません。


しかし、


この「私達の考え」という機械は、


ダイヤモンドの輝きをそのまま映し出しません(笑)


憎しみの考えを持つと、


機械のレンズにゴミが入ります。


黄ばんで、歪みます。


そして、ダイヤモンドを変わらず映しているのに、


ハイビジョン4Kではなく、


ザラザラの アナログの石ころに映し出したりします(笑)



それが現象に映ります。


自分のことが嫌いだと、自分のことが嫌いな人が映ります。


自分をいじめてほしいと、


いじめてくれる人がきます。


自分がビンボーのほうが都合がいいと


ビンボーな世界が映ります(笑)




映写機なので、さかさまにうつります。


願いを叶えるものが外に映し出されます。





つまり、映ったものを見れば、


どこにゴミがつまっているか、ちゃんとわかります。


ただしさかさまに移っているので、


自分が望むものが何かを



写ったものから 見なくてはいけない。


しかし、


映写機をチェックしなくてはいけないのに、


スクリーンをチラチラ見てみたり、セルフを


石ころなんじゃ、、と疑ったりします(笑)


残念ながら、セルフはダイヤモンドです(笑)


神様がそうしたからです(笑)


神様は、子どもを自分と同じく、素晴らしく創造しました。


なので、ポンコツなのは私達の考え方という機械なのです。


で、考え、というと


日々 把握できることと思いがちですが


潜在意識って聞きますよね。


把握できない、ひとつの「意識」があるんです。


そこの


セルフ「イメージ」


も、ちゃんと世界に投影されています。


把握できる考えだけが投影されていたらラクなのにね、、(笑)


この「セルフ・イメージ」こそが、


作ってます。


自分の経験するものを、、


この、イメージで


配役がきまり、舞台がきまり、流れが決まります。


潜在意識だけに、


宣材(宣言(マニュフェスト(笑))意識が、、(笑)


「わたしは こう である」という宣言が


ね。





自分なんかダメだと腹の中で思っていたら、


やっぱり、ダメだと思わせるものができます。


こういう考えは、


だいたい、子供のころの思い込みからきています。


どこかで、自分なんかダメだ


もしくは、自分がダメなほうが都合がいいんだ、


嫌われないんだ


愛されるんだ


と、思い込むのです。


でも、


ほんとうは、みんなどんなあなたでも好きなのです。


魂では。


だから、ダメなんかじゃないし、


ダメとか関係なく愛しているのです。




うまくいかないときは、


まず、両親とのことを振り返る必要があります。


子供は、両親に神様と自分との関係を見るからです。


なぜかというと、


私達が神様の子だからです。


まあ、ここは信じなくても別にいい。(笑)


ここでダメなんだ、自分は愛されていないんだ、、と思うと、


マッチ棒を砂地に立てるのと一緒で、


その上にいくら明るい思考をしても、


「やっぱり自分はダメなんだ、、」と二言目に宣言してんのと同じ、、(笑)


いや、実現する気、、ある?(笑)(笑)


ですね、、(笑)


(そう~。だから、ここが「自信」に


繋がるんですね!


自分から、自身 (自信)へ、、(笑))


まず、


自分は愛されていない子供なんだ、


なにかが足りないんだ


というセルフイメージが、


ぜんぶ自分の思い込み、気のせい、気の迷い、


夜泣き、かんしゃく、さしこみ(笑)


または、自作自演だとはやく気づかなくてはいけません(笑)


そ の ほ う が 都 合 が よ か っ た の で す。


あなたは愛されているのです。


そこに抵抗するのも、あきらめて愛されていることにするのもOKです。


なぜならどっちみち愛されているのだなら。(笑)


というわけで、


思考(指向、施工、嗜好、施行)が


現象になるんだねー という話でした。


嗜好、好きなものが現象になるのです。


うまくいかないのは、腹の中では


うまくいかない自分が好きだからです。


わざとではないけれど、


そういう理由があるのです。


その理由という、映写機のゴミを取らなくてはいけません(笑)


だいたい、笑える理由です('w')


だって、子どもの論理ってむちゃくちゃだからね、、(笑)


んなわけ ねーだろっ☆


で 終わり(笑)



うまくいくのは、腹の中で


うまくいく自分が好きだからです。


自身にメロメロになり、


ゲスくなります。(笑)


そして、どちらでもやっぱりOKです。



終わり。(笑)







スポンサーサイト
わたしがくちゃい くちゃいと言いながら、シダーウッド推しなワケ(笑) | Home | タイトルなし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。